1. HOME
  2. 受講生・卒業生の声
  3. 在校生&卒業生インタビュー~現在とその後~

受講生&卒業生インタビュー

Spec Design Collegeの授業はどんな感じ?卒業後は何をしているの?皆さんの気になる、受講のきっかけや、授業の感想などインタビューさせていただきました。

※インタビューは2012年7月当時のものです。

梅本 由美子さん - Ms.Yumiko Umemoto
在校生   ウェブデザイン マスターコース

Q1受講を決めたきっかけは何ですか?

A1ゆくゆくは日本で就職を考えた時、英語以外で就職に有利になりそうなものを自分は何も持ってないと気づきました。年齢的なことも考え、これからの社会で活かせる技術を身に付けたいと考えていた時に以前からなんとなく気になっていたSPEC Design College (以下SDC)のホームページを訪れ、話を伺いました。日本よりも安く、短時間で技術が身に付けられること、そして、現場で学べる経験こそが、一番のメリットだと感じ、受講を決めました。

Q2授業や学校の雰囲気はいかがですか?

A2クラスは少人数で、授業は生徒に合わせて調度いいペースで進めてもらえて、わからないこともその場ですぐに聞けるので、自分次第で学べることはいくらでもある!という感じです。宿題は自分に合ったものを先生が出してくれるので.大変ですが、いい復習になっています。授業時間以外で学んだこと以上の知識をどれだけ身に付け、使いこなせるかで、次の授業の進み具合が変わり、とてもやり甲斐につながります。また、先生方がとても気さくで、授業以外も親身に話を聞いてくれるので大変助かっています。

Q3現在の制作課題について教えてください。

A3近々始められたらいいなぁ~という思いと、日本での就職活動に使えそうなもので、「犬の出張ネイル」のウェブサイトを制作しています。ネイルサービス、ギャラリー、お問い合わせページなど、授業で習った内容を可能な限り盛り込んだものにしています。ただ、写真を集めたり、イラストを描いたり、ホームページのデザインを考えるのが思った以上に大変ですが、それ以上に、デザイン案を形にするのに苦労しています。

Q4授業の中で、楽しいことや大変なことを教えてください。

A4授業で楽しいことは、ホームページの仕組みがわかった時、写真やイラストが動いた時、授業がスイスイ進んだ時です。実際に、自分がインターネット上で見ているものが作れた時は「おぉ~!!」って、つい言ってしまいました(笑)。大変なことは、専門用語が多いので、先生に何度も聞きながら、理解を進めています。また、自分の思い描いていたものが形にできない時ですね。こんなに頭を使ったのは高校以来です。

Q5将来はどのような仕事をしたいですか?あなたの夢・目標を教えてください。

A5シドニーにいる間に、今している仕事と関連付けたセカンドジョブとして、卒業制作で作っている「犬の出張ネイル」をしたいと思っています。将来的には、ここで身に付けた技術を忘れないよう、ウェブデザインに少しでも携われる企業で働きたいです。

Q6SDCをこれから受講される方へ、メッセージをお願いします。

A6私は、もともとパソコンを使うのが苦手だったのですが、頑張れば頑張った分だけ結果は返ってくるので、かなりやりがいはあります。本当に自分がウェブサイトを作れるのかイメージできませんでしたが、それもまもなく完成に近づいています。先生も可能な限り質問に答えてくれて、実際の現場で使用している方法や知識を教えてくれるので、わからないことは何でも聞かないと損だと思います。大変ですが、必ず身に付くと思いますので頑張ってください。

寺田 治子さん - Ms.Haruko Terada
卒業生   プロフェッショナル・グラフィック&ウェブデザイナーコース

Q1現在、どんなお仕事をしていますか?

A1東京にオフィスを構える外資系の会社に就職しております。仕事内容はMicrosoftのソフトウェア アプリケーションのMigrationを担当しています。全く異なる言語やGUIを持つアプリケーション間でデータを移行するというものです。移行先の設計はウェブ画面になるため、広義ではウェブデザイナーになるのかもしれません。前職はバリバリと日本企業でUnix/Linuxを扱うエンジニアをしていましたが、現職は外資ということもあり残業ゼロ、年収アップで毎日英語を使って仕事をしています。日本ではオフショア開発が多いため、英語の話せるエンジニアって需要が高いんです。

Q2SDCで学んだことで現在のお仕事に活かされていることはありますか?

A2移行先のソフトウェアがウェブ上で動作するものであることから、HTML、CSSなどのファイルを見ることもありますし、デザイン設計上それらの知識が基盤になることが多いです。HTMLやCSSなどは、授業中に自分のウェブサイトを制作したので、知識はとても深くなりました。

Q3SDCの授業の中で特に学んでよかったと思えることはなんですか?

A3ひとつに絞るのは難しいです。初回の授業を受けてからすぐに、いろいろ物の見方が変わりました。例えば、何か購入した時に、その商品だけでなく、梱包の仕方や、ポスターのレイアウト、お店のディスプレイが気になったり、街頭で配られるチラシでもそのフォントやデザインが気になるようになりました。それにオーストラリアでまさか印刷工場の見学に行けるなんて思ってもみませんでした。あとスケッチブックを受講期間も持ち歩いていましたが、今でも持ち歩いてスクラップしたり、ロゴをまねて描いてみたり、そういう世界にあふれているデザインというものに興味を持つようになりました。これまでデザインなんて一切関係ない世界で生きていたので何もかもが新鮮でした。しかもオーストラリアはイギリス文化を継承している部分が多いので、意外に町中にあふれているデザインが可愛くて勉強になりました。

Q4今後の目標を教えてください。

A4オーストラリアで学んだ英語はとてもカジュアルでしたし、経済の話なんて英語でしたことがなかったので、さらに英語を深めていこうと思っています。また今年一年の目標でいえば、持っている知識の充足と新しい知識の習得です。持っている知識というのはSDCで学んだウェブやデザインに関する知識です。新しい知識は現状仕事で使い始めたアプリケーション(.NET開発系)に関する知識です。

Q5現在SDCを受講中の方、これから受講される方へ、メッセージをお願いします。

A5 課題が多く、毎日忙しく過ごされていると思いますが、SDCで学んだ知識や経験が無駄になることはありません。 成果物だけが目的ではなく、そこに至るまでのプロセスが大切だったりします。そのプロセスを先生は大切にしてるんじゃないかなって思います。 またビジネスカードやカレンダー、パンフレット、ホームページを作成したり、そこで得る知識はどこでも必ず役に立つと思います。オーストラリアで何かひとつでも技術を身につければ、帰国後も就職活動などで十分アピールできますし(実際に私もCVに書きました)、オーストラリアでの海外生活も大変充実したものになると思います。ちなみに余談ですが、私がよく課題をしていたお気に入りの場所は、Sydney City Libraryです。 ここのデザイン書もかなり充実してたので、デザインを考える時はよくここで本を見ながらinspireされていました。

ページTopへ戻る