1. HOME
  2. FAQ タイムテーブルについて

質問カテゴリ


タイムテーブルについて

授業のタイムテーブルを教えてください。
受講日は各コースによってことなります。最新のタイムテーブルはウェブサイトに随時更新されます。時間帯は10:00-12:30 / 14:40-17:10 / 18:00-20:30 の3つの時間帯があります。
一週間の受講日を増やすことは可能ですか?
授業が週2回になっているのは、それ以外の日も予習や宿題、課題のアイデア出しなど授業時間外に取り組むことが多くあるためです。無理なく学び、確実に技術を身に付けるための最適な回数になっていますが、その他のご予定の兼ね合い等ありまいたらご相談ください。
タイムテーブルの途中変更は可能ですか?
他の受講生の都合や次のクラスがあり時間をずらすことはできません。
ワーキングホリデーで最高4ヶ月しか授業を受けることが出来ません。でも、本当はプロフェショナルコース(6ヶ月)を受けたいのですが、可能ですか?
ワーキングホリデービザでの就学またはトレーニングは最高4ヶ月(17週間)まで可能となっていますので、6ヶ月のプロフェッショナルコースを受講することはビザの規定を違反することになります。ワーキングホリデービザ所有者の方には、WEBとDTP両方のマスターコースの同時受講が可能です。授業は週4日・3ヶ月での終了となりビザの規定をクリアします。その場合、授業内容もプロフェショナルコースと同等、コース受講料はプロフェショナルコースと同料金となり、卒業認定書もプロフェショナルコースと同様となります。
学生ビザなので、学校に行ってからSPECデザインカレッジに通うことは大丈夫ですか?
複数の学校を同時に通うことは可能です。当校には午前・午後・夜間の3つの時間帯があり、受講生のライフスタイルに合わせた時間帯で受講が可能です。タイムテーブルはコースによって異なります。最新のタイムテーブルはウェブサイトをご確認いただくか、お問い合せください。
日本からの申し込み来豪予定は来年なので、来年のタイムテーブルをもらいたいのですが可能ですか?
新しいタイムテーブルは随時ウェブサイトに公開されます。ご連絡いただけましたらタイムテーブルが決まり次第、お送りさせていただきます。また、タイムテーブルが未決定の場合は、カレッジ担当者までご相談いただけましたら、ご希望に沿ったタイムテーブルを調整も可能です。
学生ビザはとれますか?
残念ながら当校はデザイン会社が運営するプライベートスクールであり、政府認定校ではないため、学生ビザを申請することはできません。

ここで回答が得られなかった場合、その他ご質問は、下記よりお問い合わせください。
お問い合わせ・資料請求

ページTopへ戻る