1. HOME
  2. FAQ 全コース共通・授業について

質問カテゴリ


全コース共通・授業について

グラフィックデザインのスキルは仕事の何に役立ちますか?
グラフィックデザインは文字や画像、色を使って情報やメッセージを伝える技法です。たとえば、ビジネスプレゼンテーションのスライドや資料、企画書はきれいに見せたいものです。グラフィックデザインは情報をきれいに見せるだけでなく、内容をわかりやすく伝えることができます。広告やポスター、ウェブサイトなどのメディア以外、身近な仕事に活かせるスキルです。
デザインの勉強はしたことありませんが、授業についていけますか?
当校の受講生の約80%はデザイン未経験者です。しっかり理解するための少人数制クラスで、デザインの基礎やアプリケーション、専門用語なども初心者の方でも理解出来るよう、曖昧な部分は曖昧なままにせず、「わからない」ことはその場で対応出来る環境となっています。
デザインの素質や才能は必要ですか?
センスや才能はあったほうがよいですが、センスのない人はデザイナーになれないということはありません。デザイナーに求められることは、技術と知識、企画力です。これらは学ぶことによって身に付きます。また、生まれながらのセンスがあったとしても、それは磨かなければ光ることはありません。デザインを学ぶことでそのセンスを磨くこともできます。
仕事としてブックレットが作れるようになりたいのですが、全く知識がありません。グラフィックデザインを習えば、作れるようになれますか?どのようなソフトを使えばいいのかなど教えていただけますか?
デザインが初めての方でも、確実に技術を身につけていただくことを最優先に、少人数制のクラスで納得のいく理解を得られる様、丁寧な指導を行っております。具体的にどのソフトウェアの使い方を習得するべきか、または、どのような知識が必要なのか、などアドバイスさせていただきます。
デザインの勉強をしてきた経験者ですが、他の初心者の人たちと同じ授業内容なのでしょうか?
コースカリキュラムは原則として変わりません。DTPからWEBへの転向など分野が変わる場合は、これまで学んでいなかった内容となります。特定のアプリケーション、分野に対してさらにステップアップしたい場合は、オリジナルカリキュラムの受講をおすすめいたします。
グラフィックの専門学校を卒業した者ですが、実際に現場で使えるスキルを学びたいのですが、どのコースで学べるのですか?
プロフェショナルまたは各マスターコースがおすすめです。基本的なアプリケーションの使い方など、過去に学んだ部分の重複は多少ありますが、作業効率を考えた使い方など、過去に学ばなかった内容もあります。課題制作は現場のプロセスを実践します。また、講師の体験談より、アイデアの出し方や心構えなど技術、知識以外のものを学んでいただけます。
パソコンはエクセル、ワードなどを普通に使うレベルですが、受講は大丈夫ですか?
パソコンのスキルは日常使用レベルからの開始で全く問題ありません。アプリケーションは基礎の使い方から始まりますので、初めての方も大丈夫です。
授業は何語ですか?
講義はすべて日本語で行います。テキストブック、アプリケーション共に日本語を使用しますが、授業の内容によっては英語の資料を使用します。
授業には何を持参すればいいですか?
筆記用具、USBメモリー(2GB以上)は必ずお持ちください。その他に必要なものは持ち物については、コースによって異なりますので、各コースの詳細をご確認ください。※ラップトップの持ち込み可能です。
MACベースとなりますか?学校のPCの言語環境は何ですか?
当校に設置しているコンピューターはすべてWindowsベースです。OSは英語環境、アプリケーションは日本語環境になります。
授業で使うアプリケーションのバージョンはいつのでしょうか?
AdobeシリーズはCS5を使用しています。ブラウザ各種OSで使用出来る最新バージョンを使用しています。
自身のMAC/Windowsは持参する必要ありますか?
Mac/WindowsPCを持参する必要性はございませんが、使い慣れたPCで受講をご希望の方は持参いただいての受講を可能です。ただし、持参されているアプリケーションのバージョンが当校のバージョンと異なる場合、アプリケーションのテキストブックの内容と異なる部分があります。授業進行、課題制作には問題ありません。また、必須アプリケーションを個人のPCにダウンロードするサービスはおこなっておりません。かならず、アプリケーションをご確認の上、ご持参ください。
Adobeソフトウェアの学生レートで購入は可能でしょうか?
Adobe Creative Cloudの学生レートが申し込み可能です。
一クラス何人くらいですか?わからないところもきちんとフォローしてもらえるような少人数制を希望しているのですが、可能ですか?
一クラス平均2~3名、人数上限は6人の完全少人数制で、一人一人に十分指導が行き届く授業環境となっております。曖昧な部分は曖昧なままにせず、「わからない」ことはその場で対応出来る環境となっています。
宿題はどれくらいあるのですか?
コース、またはカリキュラムによって異なりますが、復習、予習を兼ねた課題がでます。
自社の広告を授業中に制作できますか?
可能です。当校の課題制作は、決まった内容の作品を作るのではなく、受講生一人一人、テーマや内容を決めオリジナルの作品を作ります。自社の広告やウェブサイト制作がデザインを学ぶ目的であるなら、授業内で積極的に制作することを推奨します。講師からは、デザインだけでなく、広告内に必要な情報やアイデアの出し方など、制作までのプロセスを学ぶことができます。 課題内容はコース、カリキュラムによって異なりますので、詳しくは各コース詳細をご確認ください。
マスターコースは3ヶ月という短期で本当に十分なスキルをマスター出来るのですか?
課題制作を通して、制作の流れなど一通りの技術と知識が身に付きますが、授業時間外の予習復習や課題などの取り組みにより、個人差が生じます。
講師はどういった方々ですか?
現役デザイナー、現役プログラマーなど第一線で活躍しているプロ方々です。それぞれのカリキュラムの専門の講師が授業を行います。授業ではアプリケーションの使い方だけでなく、現役デザイナーである講師の体験談から、デザインの考え方や企画などを学びます。
ピンポイントで授業をとれますか?
オリジナルカリキュラムにて、受講したい授業のみを選び受講することは可能です。しかし、各コースはその分野の作業の流れや、その流れに沿って必要な知識を理解しやすいように組まれたカリキュラムとなっていますので、全ての授業を通して受講する方が、総合スキルが身に付きます。
自分のレベルにあった個人レッスンまたは特定の分野に絞った特別カリキュラムを受講することは可能ですか?
可能です。コースカウンセラーが、受講期間やご予算、目的の習得レベルなど、さまざまな観点から、一人一人に合ったオリジナルカリキュラムを作成いたします。
カリキュラムに無い内容を組み込んでいただくことは可能ですか?
デザインを勉強する目的は一人一人違います。ご意見ご要望がありましたらお気軽にご相談ください。参考・検討させていただきます。
卒業後、履歴書に有効な資格とか学校で取れるのですか?
グラフィック/ウェブデザイナーになるために資格は必要ありませんが、WEB検定などの資格習得に必要な基礎知識は授業で学びます。必要な知識と技術は資格の種類によって異なります。目標とする資格がある場合はコースカウンセラーにご相談ください。
卒業したら何か特典ありますか?
コース終了サーティフィケイトが発行されるほか、実践を意識した制作課題はポートフォリオとして就職活動に役立ちます。また、インターンシップをされた場合は、行った業務を証明するインターンシップ証明書(英文)が発行されます。
インターンシップは誰でもできますか?
インターンシップはプロフェッショナル・グラフィック&ウェブデザイナーコース、グラフィックデザイン/ウェブデザイン マスターコースの卒業生で、出席率が90%以上の方が対象となります。建築・インテリアデザイン入門コースはコース終了時の成績と面談にて決定いたします。
インターンシップは無償ですか?有償ですか?実際にどのようなことをするのですか?
インターンシップは基本的に無償、併設のデザインスタジオStudio SPECでのデザインアシスタントになります。業務の内容は、受講コースに基づいたプログラムになりますが、Studio SPECではグラフィック・ウェブ両方の制作を行っておりますので、受講コースの専攻以外の業務が発生する場合もあります。

ここで回答が得られなかった場合、その他ご質問は、下記よりお問い合わせください。
お問い合わせ・資料請求

ページTopへ戻る