【セキュリティ編】Macを購入したらやっておきたい初期設定など

01

※後述
書いているうちにめちゃくちゃ長くなりそうだったので今日はセキュリティ編ということにします。(前振りが長すぎた汗)

Macを購入したらやっておきたい初期設定など

  • セキュリティ編 ←イマココ
  • 表示編
  • 操作編
  • 入れておきたいアプリ編

こんにちは!
StudioSPECのakiraです。

先日、地元の友人に「パソコン買うなら何がいい?」と質問されました。用途を聞いた感じと完全な僕の独断で。

「間違いなくMacBookAirですね(`・ω・´)!」

と言い切りました。
(普段からMacもWinも両方使っているので、決して偏った意見じゃないですよ汗)

その数日後(今日)、友人のInstagramを覗いてみたら何と僕のおすすめしたMacBookAirを購入した写真がアップされていました。

おお!Apple仲間が地元に:D
(地元の友人にMacを使っている友人が少なくMacネタが話せる人が増えて嬉しい)

と喜んだのは良いのですが、そのInstagramの投稿に対するコメントに気になる書き込みが…

「買ったけど使いこなせず放置プレイです」

……

おおお!

これはMacに限った話ではないですが、確かにそうなってしまう人いますよね。

ただし今回は僕がおすすめしたわけですから、友人には是が非でも使いこなして立派なリンゴ信者になっていただかないとならないわけです。(そうしないと怖くて地元に帰れない笑)

また、SPecDesignCollegeにもご自身のMacやコンピュータを持ち込まれる方が沢山いますが、大体の方が使いやすく設定がされていない状態のまま使用されていることが多いです。

そこで新しくMacを購入された方が、快適にMacを使えてもっとMac好きになってもらえるよう、今回はMacを購入したらやっておきたい初期設定などをご紹介したいと思います!

まず大きな理由としてApple製品には説明書がついていない

そうなんです。Apple製品には説明性がついていません。こんなにも色々と出来るのに何も使い方が書かれていないわけです。

これは説明書なんて無くても操作できるんだぜ!というAppleの強気な姿勢と、その解りやすいインターフェイスへの自信の表れでもあるわけです。また実際に説明書が無くても操作は可能です。

ただし、これが結構厄介なわけです。ウイルスの対策なんかも一切書いていないわけですからね。

大体の人が、使っていないどでかいアプリアイコンをDockに表示したまま使っているのもそのせいだと思います。

長くなりました…

システム環境設定の表示

Macの設定のそのほとんどのが「システム環境設定」から行います。

「システム環境設定」はディスプレイの何もない箇所をクリックするとディスプレイ左上のAppleマークの隣がFinderになると思います。

ここをクリックするとシステム環境設定が表示されます。僕はシステム環境設定をDockに常に表示させています。

Dockとは画面下に表示されている部分です。

Dockに表示されたシステム環境設定を右クリック→オプション→Dockに追加で常に表示された状態になります。

また、逆に常に表示させたくない場合はDockに追加のチェックを外して、右クリック→終了で消えます。
(これは全てのアプリに共通して言えます)

まずはOSが最新か確認しましょう

工場出荷時からOSがアップデートされている可能性があります。色々なバグやセキュリティホールへの対策などが施されているので、常にOSは最新の状態にあるようにしたいものです。

ディスプレイ左上にあるAppleマークをクリックしてApp Storeをクリック。App Storeが起動します。

次にアップデートを選択してください。必要なアップデートがある場合は、表示が出ているはずです。

ダウンロードしたアプリのアップデートも同じ箇所に表示されます。

「ファイアウォール」をオンにする

まずMacを使いはじめる前に、インターネットのセキュリティ設定を行いましょう。Mac購入時は色々とアプリケーションをインストールしたりするので必ずこの設定は行っておきたいです。

このファイヤーウォールを有効にすることにより、外部からの不正な通信を防ぐことが出来ます。

システム環境→セキュリティとプライバシー→ファイアウォールへと進むと、ファイアウォールを入にすることができます。

ファイルの拡張子を表示させる

拡張子とは「FileName.jpg」の.jpgあたる部分で、Fileの種類が表示されます。Macはデフォルトではこれが表示されません。

.dmgや.pkgなどはMacになんかしらのソフトウェアをインストールするための拡張子です。入手元が解っているものは大丈夫ですが、見知らぬこれらのファイルを実行していしまうと、変なソフトウェアをインストールしてしまうことになります。

Finder→環境設定→詳細をクリックし「すべてのファイル名拡張子を表示」を選択。

定期的なウイルスチェックも!

随分と前に、Macは風邪をひかないみたいなCMやっていましが、今はそういうわけには行かず、思いっきりMac向けのウイルスも沢山あります。

Macだから安心とは思わずに定期的なチェックをすることが大切です。無料で優秀なアプリが沢山ありますのでこれらを利用されると良いと思います。

なかでもこのClamXavが使い勝手が良く無料なのでオススメです。

ClamXav

アプリケーションをダウンロードしたら実行して、ユーザー名をクリックしてスキャンを開始でスキャンが始まります!

離席時にもパスワードロックをかける

自宅でのみ使う分には良いのですが、ノートの場合は外で使うことが多いと思います。

その際、電源OFFだけではなくスリープ状態の解除にもパスワードロックをかけると安心です。特に最近のMacはSSDなので、ちょっとした移動などの場合は電源を切る必要が無いのでディスプレイをパタンだけで餅瘢痕でOKです。
(HDDのMacの方は持ち運びの際には電源を切る必要がありますのでご注意を)

システム環境設定→セキュリティとプライバシー→一般から「スリープとスクリーンセイバー解除にパスワードを要求」にチェックを入れましょう。

look

これは盗難時にも効果を発揮するとも思うので、是非とも行っていただきたいです。

コンピュータには大切な情報が沢山記録されていますからね!

FileVaultを有効にする

FileVaultとは簡単に言うと、Mac内の情報を暗号化しておくことによりMacが盗難に遭ったりした際に情報を抜き取られたりすることを防いでくれる機能です。

一回実行すれば基本的に後は何もする必要が無いのでぜひこちらも行っていただきたい設定です。

システム環境設定→セキュリティとプライバシー→FileVaultと進み「FileVault を入にする」をクリック。万が一ロックを解除する際の方法を選択して再起動でOKです!

これで安全にMacを使うことが出来ます!

せっかく買ったMac。当たり前ですが、大切に使いたいものです。

インターネットからの脅威も勿論ですが、盗難や不正に操作されるといったことにも注意を払う必要があります。

取り急ぎ、以上の設定で安心してMacを利用することが出来るのではないでしょうか。

次回はMacを快適に使うための表示について書かせていただきたいと思います!

 

Facebookコメント