たった5時間でここまで出来る!グラフックデザインコース☆

5thDTP_BlogImg01

おかげさまで、SPEC Design College は開校5周年!
5周年を記念して企画されたキャンペーンの一つ「1週間無料体験受講」

今回はっ
グラフィックデザインコースを一週間無料体験で、どんな事が出来るようになるのかご紹介しちゃいます :)

デザイン制作ソフトAdobe「Illustrator」の基本操作

まずは、DTPデザインで必要不可欠なデザインソフト“Illustrator”の使い方と基礎知識を伝授!
(ソフト詳細はこちら→ www.adobe.com/jp/products/illustrator.html

そもそも「Illustrator」って何!?

イラスト制作は勿論のこと、ロゴタイプや図面、広告、パッケージなどをデザインする描画ツールソフト。印刷業界などあらゆる分野で使用されています。
アドビシステムズ社が販売する、ベクタ形式と呼ばれる画像(ベクターイメージ)を主に扱うソフトウェア(ドローソフト)で、特にDTP業界においては印刷物(チラシや小冊子)制作ソフトとしてはデファクトスタンダードとなっています。
デザイナーはAdobe Photoshopと併せて使用する場合も多く、プラグインを追加することで、CADや3DCG機能などを拡張することもできるので、様々な分野のクリエイターが使用しています。

5thDTP_BlogImg02_2

「Illustrator」で簡単な絵を描けるようになる!

SDCの生徒だった頃の思い出で、今でも覚えている忘れられない出来事があります。
初めてイラストレーターで四つ葉のクローバーを描いてくださいと言われた時。

どうやって??描くの????????

5thDTP_BlogImg03

まだイラストレーターを使った事のなかった私には、さっぱりどうして良いのかわかりませんでした。

手書きで書くのは簡単だけど、、、、
こんな単純な絵なのに。。。

まったくどうしたら良いのかわかりません!!

ペンツールを使って、こうするんだよっ。

5thDTP_BlogImg04

っと先生にお手本を見せてもらい。。。

なんだっ!そうやってやればいいのかっ!!

っとまさに百聞は一見に如かず。
不格好ながらも四つ葉のクローバーを真剣に描いた思い出があります。

イラストレーターのツールってこんなにあるんです!!↓↓↓(ほんの一部)
5thDTP_BlogImg06

今では数秒で出来てしまう事が、最初はやり方すらわからない。
ツールを使って描く事が、教えてもらわないと一切出来ませんでした。

先生ってすごいですよね。

今の時代、何でもわからない事はネットで検索できてしまう時代だけど、
目の前で教えてもらうわかりやすさと、確実さはやっぱり目の前にいる先生にはかないません!

そんな事を実感させられた四つ葉のクローバー。
見るたびに思い出します(笑)

と思い出話はこれくらいにして、次のステップへ!

「Illustrator」で文字をデザイン出来るようになる!

こちらは、文字ツールを使ってすぐにできます!
好きな文字を入力して、フォントを選んで。。。。

面白いのはこのフォント選び!

無料のフォントから有料のフォントまで、ものすごーい数のフォントがあります。

5thDTP_BlogImg07

実はこの過程、とっても大事なんです!
フォントは書体によって特徴があり、与えたい印象によって書体を選ぶ必要があります。

フォント選びは、デザインをするうえで、印象を決める重要な一つの過程です。

詳しくは授業にて。。。

5thDTP_BlogImg14

「Illustrator」で名刺のレイアウトが出来るようになる!

まずは、アートワークのサイズを決めます。
先ほど書いた四つ葉のクローバーと、タイプした文字を並べてみます。

フォントを選んで、色を変えて、サイズを調整して。。。

線を引いてみたり、

背景に色を付けてみたり。。。

5thDTP_BlogImg09

必要な情報を入力して。。。。
全体を整えて。。。。

5thDTP_BlogImg10

オリジナル名刺の完成!!

たった一週間でこんな風に、名刺のレイアウトが出来ちゃいます!

オリジナルって個性もでるし、好きなようにつくれるから楽しいですよね。

仕事用名刺や、プライベート用の名刺、ショップカードなど、イラストレーターを使えば、自分の好きなようにデザインできます!

自分でデザインした名刺を印刷データに出来る!

デザインが完成したら、さっそく印刷☆
自分で印刷する場合には、こんな風にデータを作成します。

5thDTP_BlogImg13

トンボとは印刷物を作成する際に、仕上がりサイズに断裁するための位置や多色刷りの見当合わせのため、版下の天地・左右の中央と四隅などに付ける目印です。
このトンボを目印に、断裁をします。

5thDTP_BlogImg11

印刷所で印刷する場合には、
それぞれ納品データの仕様が異なるので、それにあわせて印刷用データを作ります。

どこで印刷するか、何を印刷するかで、
それぞれの印刷用データを作らなくてはいけないんです!

詳しくは授業にて。。。

5thDTP_BlogImg14

体験受講ができるのは今だけ!SDCの無料体験受講で不安を解決!

何かを始める時、何をすればいいのか、どうしたらいいのか、、、
心配な事や不安な事って沢山ありますよね。

そんな方のために、SDCの授業を今だけ無料で体験受講ができます!

自分に合っているか心配。
学校見学だけでは不安。
どんな授業をしているのか実際に知りたい!
名刺を作ってみたい!
何かを作るのが好き!

など、

この機会に実際にSDCの授業を体験してみて下さい!
どんなきっかけでも、すこしでも興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

5thDTP_BlogImg14

無料で授業を体験できるのは今だけです!!(11月17日 お申込みまで)
この機会是非お見逃しなくー!!!

お問い合わせ、お申し込み

Tel.02 9279 3899
Spec Design College または Studio SPEC まで

Facebookコメント